IK Multimedia SYNTRONIK

ここに注目:

  • 数々のビンテージ・アナログ・シンセサイザーの名機達を再現
  • アナログ・オシレーターの挙動を再現したDRIFTテクノロジー
  • アナログ回路をモデリングしたフィルター
  • 実機には無い機能も充実

SYNTRONIKとはどのようなシンセサイザーか?

ビンテージ・アナログ・シンセサイザー。いまだに需要はありますが、状態の良いものを見つけるのはかなり困難です。ましてや、メンテナンスや故障した場合の修理のことを考えると余程の覚悟を持たない限り、所有・維持することはできないでしょう。

そこで、IK MultimediaはSampleTankSampleMoogなどに代表される同社の先進サンプリング技術をもとに、状態の良い数々のアナログ・ビンテージ・シンセサイザー、ストリングス・マシンをマルチ・サンプリングして再現したバーチャル・インストゥルメントSYNTRONIKを発売しました。

SYNTRONIKは、単なるマルチ・サンプリングした今までのようなサンプラー音源ではなく、同社のモデリング技術により再現したビンテージ・フィルターを搭載して、サンプリング技術モデリング技術を組み合わせたハイブリッドタイプのソフトウェアシンセサイザーを登場させたのです。

デモ&レビュー映像

デモ&レビュー映像では、SYNTRONIKの様々な機種のサウンドを紹介しています。もちろん、アルペジエーターやレイヤー&スプリット、エディットなどの簡単な使い方も説明しているので、是非ご覧下さい。


SYNTRONIKの音源方式とDRIFTテクノロジー

音源方式には、最良のコンディションからマルチサンプリングされたサンプル波形をベースに、各機種に最適化されたオシレーターの「揺らぎ」を再現するIK Multimedia独自のDRIFTテクノロジーを使ったエンジンが使われています。

当時、ハードウェアのアナログ・シンセサイザーは、アナログ機器であったことから、個体差や部品差、電圧の違い等により、ピッチが安定しなかったり、キーオンを繰り返す毎に微妙にピッチのズレを感じることがありました。今のデジタル時代のデジタル製品にこれは許されない品質ですが、逆にこの微妙なズレ、揺れがサウンドの厚みや個性となって、当時のアナログサウンドには欠かせない特徴でもありました。

IK Multimediaは、このアナログオシレーターの揺らぎの特徴を再現するDRIFTテクノロジーを開発し、SYNTRONIKに搭載しました。この技術により、キーオンを連続してもマシンガンのような単調な連続音にならず、1音、1音サンプルが発音される度に、位相、音色、ピッチなどを微妙に変化させる特徴を再現しました。ビデオでは、Andromedaのプリセット・サウンドでこれを確認しています。

モデリングされたビンテージ・フィルター

SYNTRONIKは、7つのフィルターを搭載しています。

フィルター・タイプで選択可能なフィルターは、ビンテージマシンのアナログ・フィルターを回路レベルのモデリングによって再現された4つのフィルターと、3つの特徴あるフィルターを搭載しています。ビデオでは、そのキャラクターの違いを切替えながらデモしているので、是非そちらでも確認してみて下さい。フィルタータイプの頭文字で判別出来る人は、なかなかの通です。

スロープも、6dB(1Pole), 12dB(2Pole), 18dB(3Pole), 24dB(4Pole)と用意され、モードもLP(Low-Pass), BP(Band-Pass), HP(Hogh-Pass), NOTCHと必要十分なフィルターのバリエーションが用意されています。

カットオフ、レゾナンスの効き具合は、各フィルターの特徴とキャラクターの違いがハッキリわかるので、モデリング技術の高さがわかります。どのタイプのフィルターも「あー、そうそう!」ってなる音の変化の感じが、触っていてとても楽しくなるフィルターです。

フィルター

フィルタータイプ

M-Type

トランジスター・ラダー・フィルター
ーMoog、Minimoog、Modular Moogなど

R-Type

IR3109チップ・フィルター
ーROLAND、Jupiter-8、Juno-60など

C-Type

Curtis CEM3320チップ・フィルター
ーProphet-5、Oberheim OB-Xa、Memorymoogなど

O-Type

ステート・ヴァリアブル・フィルター
ーOberheim SEMなど

PHASER

フェイズ・フィルター(マルチステージ)

FORMANT

HumanVowel(人の母音)をエミュレートしたフィルター

CLASSIC

SampleTankのIK VCF フィルター

4パートのレイヤーとスプリットで重厚な組み合わせも自在

SYNTRONIKは、ビンテージ・シンセサイザー単体の再現に留まらず、4台までのレイヤー、スプリットによって、贅沢なアナログ・ビンテージ・サウンドのパフォーマンスを構築出来ます。

例えば、レイヤーでは
Oberheim OB-Xaの重厚なPADサウンドに、Yamaha SY-99のスペーシーなボイスPADを足し、Alesis Andromedaのキラキラベル音、この3つのサウンドをレイヤーする

スプリットでは、
右手のコード弾きはPolymoogサウンド+PPG Wave2.3のアタック音」
アルペジエーターにはProphet5のシーケンス音」を…
左手はスプリットでベースには、もちろんMinimoogのシンセベース」

など、このような贅沢なパフォーマンスのセッティングをマウスのドラッグで簡単に組むことが出来ます。

実機にはなかったアルペジエーターを搭載

当時、アルペジエーターは、ビンテージのシンセサイザーに搭載されていることは非常に希でした。Syntronikのアルペジエーターは、4つのレイヤーそれぞれに搭載しています。それぞれノートとコードをコントロールすることが可能で、4つのレイヤーを使った例では、

レイヤー1.キックパターン(アルペジエーター)
レイヤー2.ベースパターン(アルペジエーター)
レイヤー3.コードパターン(アルペジエーター)
レイヤー4.リード・手弾き用

このようにしてリズミックなパフォーマンス。パターンを作るなど、簡単にSyntronikをコントロールすることが出来ます。アルペジオ・パターンもビート毎にプリセットが用意されているので、すぐに使うことが出来ます。

リッチなサウンドに仕上がる高品位なエフェクター

IK Multimediaは、T-RacksやAmpliTubeなどの製品を見てもわかる通り、エフェクトやモデリングの技術、性能には定評があります。もちろんSYNTRONIKにもこの高品位なエフェクターが38種類も搭載され、これら高品位なエフェクターを5つのスロットに組み込み、サウンドメイクに活かすことで、更なるサウンドの幅や厚みを付け加えることが出来ます。また、このリアルな見た目もやる気にさせてくれます!

どのエフェクターも秀逸ですが、アナログシンセでは基本的な組み合わせだった、コーラス、ディレイ、リバーブ。このモジュレーション系と空間系のディレイ、リバーブが非常によく出来ているので、仕上がるサウンドがリッチなサウンドになります。お気に入りです。

モジュレーション系

AM Modulation, Ensemble Chorus, Chorus C1,
Electric Flanger, FM Modulation, Opto Tremolo,
Phaser, Rotary Speaker, Small Phazer, Uni-V, AutoPan, Slicer

ダイナミクス・EQ系

Black 76, White 2A, Model 670, Parametric EQ,
Vintage EQ-1A, Channel Strip

フィルター系

LFO Filter, Env Filter, Multi Filter, Wah 47

ディストーション系

Distortion, Crusher, Overdrive, Overscream,
Lo-Fi, Phonograph

アンプ・モデル系

Flexi Amp, Modern Tube Lead,
SVT Classic, Jazz Amp 120

リバーブ・ディレイ系

Hall Reverb, Plate Reverb, Digital Delay,
Spring Reverb, Tape Echo, Stereo Imager

Syntronikに搭載されている数々の名機達

SYNTRONIKには、シンセサイザー、ストリングス合わせて、17種類のインスツルメント38機種のビンテージマシンが搭載され、2000種類以上のプリセット・サウンドが含まれます。

それぞれのインスツルメントパネルは、名機達の「特徴あるカラーやツマミ」をもとに表現しているので、すぐに何のシンセサイザーなのかピンとくるはずです。

実際に触ったことのない機種を選択して音を出した瞬間、「こんな音が出たんだ!」と自分のコレクションになった気分で楽しみを感じました。音とビジュアルでその気にさせてくれるSYNTRONIK、とてもよく出来ています。

Minimod

Modular Moog, Minimoog Model D, Moog Voyager

OXa

Oberheim OB-X, OB-Xa

J8

Roland Jupiter-8, Jupiter6, Jupiter

Pro-V

Sequencial Circuits Prophet-5, Prophet-10

V-80

Yamaha CS-80, GX-1, CS-01II

Harpy 260

ARP 2600

T-03

Roland TB-303 Bassline

Blau

PPG Wave 2.3

Bully

Moog Taurus I, II, III

Galaxy

Alesis Andromeda

SAM

Oberheim SEM (Synthesizer Expander Module)

String Box

ARP String Ensemble (Solina), Elka Rhapsody 490,
Hohner String Performer, Roland RS-505 Paraphonic,
Roland RS-09 Organ/Strings

Polymorph

Moog Polymoog, Opus 3, Rogue, Realistic Concertmate MG-1

99

Yamaha SY-99

DCO-X

Roland JX-10, JX-8P, JX3P

Noir

Multimoog, Micromoog, Moog Prodigy

​J-60

Roland Juno-60

SYNTRONIKのエディットのしやすさの理由

SYNTRONIKのインストゥルメントは、機種ごとに特徴的なカラーとツマミが配置されたパネルが用意されています。そのパネルはツマミの形やパネルカラー、配置が違うので一瞬気付きませんが、実は全ての機種に共通の、シンセサイザーの音を作る基本的なパラメーターが設置されています。

下のパネルのパラメータを注意深く見て下さい。
ぱっと見では全く異なる機種で、ツマミやパラメータも違うように見えますが、実はレイアウトやカラー、選択の仕方やツマミの形状が違うだけで、全て共通したシンセサイザーのパラメーターが配置されているのです。どの機種を選択しても共通のパラメータでエディット操作ができる。これが、SYNTRONIKのエディットのしやすさに繋がっています。

OSC(オシレーター)

・TUNE
・OSC2 ON・OFF
・OSC2 DETUNE

FILTER

・TYPE ー OFF・M-TYPE・R-TYPE・O-TYPE・
     PHASER・FORMANT・CLASSIC
・MODE ー LP・BP・HP・NOTCH
・SLOPE ー 6・12・18・24
・CUTOFF
・RESONANCE
・DRIVE
・VELOCITY

FILTER ENVELOPE

・ATTACK
・HOLD
・DECAY
・SUSTAIN
・RELEASE
・AMOUNT

AMPLITUDE ENVELOPE

・ATTACK
・HOLD
・DECAY
・SUSTAIN
・RELEASE
・VELOCITY

LFO

・WAVEFORM
  ー Sine・Triangle・Square・Saw・Random
・BPM SYNC
  ー ON・OFF
・RATE
・PAN
・PITCH
・FILTER

CONTROLLERS

・BEND
・VIB RATE
・MODE ー POLY・MONO・LEGATO 1・LEGATO 2
・GLIDE

Syntronikで音作り

SYNTRONIKには、それぞれのビンテージ・マシンごとにブラウザーのフィルターカテゴリーでBASICというカテゴリーがあります。BASICカテゴリーには、そのマシンでサンプリングされた様々なパターンの「元波形」が入っています。上のキャプチャでは、Prophet-5のBASIC波形をカテゴリーで絞り込んで表示しています。

見てわかる通り、Prophet-5の波形やパルスワイズ幅、シンクした時の波形、デチューンさせた波形など、様々な波形パターンがサンプリングされていて、使えるようになっています。(ビデオでは、Roland Junoの波形で説明しています)

あらかじめプリセットとして作られたサウンドを使用してエディットすることも出来ますが、その元となった波形(BASIC波形)から音を作り始めることも出来るので、JunoのPulese波形」を元に、Filterは本来のRoland:R-TYPE」を使用せずにOberheim:O-TYPE」を使用して、サウンドの色づけを変える等の作り方が出来ます。

その組み合わせは、まさに膨大な数になり、そこがSYNTRONIKの楽しさで、リアルなシンセサイザーのパネルは、見ているだけでも「やる気」にさせてくれます!

SYNTRONIKを触ることで、過去に欲しかったマシンや、触ったことのないマシンに触れた気分になれるとともに、「こんな音がしてたのか・・・」と思うのは間違い無しです。

是非、デモ&レビュー映像で蘇ったビンテージシンセサイザーの数々のサウンドと機能を確認してみて下さい。

IK Multimedia SYNTRONIKの販売情報

新着記事

IK Multimedia iRig Keys I/O

IK Multimediaから新しいコントローラー、iRig Keys I/O が発売されました。iRig Keys , iRig Keys Proに続き、iRig Keys I/O は、25Keyと49Keyの二種類がラインナップされています。名前からも十分...

2018/01/08

Dave Smith Instruments Prophet REV2 16Voice

Dave Smith InstrumentsからProphetブランドのシンセサイザーが更にパワーアップして登場しました。以前のProphet08シリーズは、Prophetブランドの復活と、アナログサウンドの復活が話題になり、一躍人気の8ボイスのアナログ・シンセサイザーとなりまし...

2017/12/25

Soundbrenner Pulse

今回紹介するのは楽器ではなく、ウェアラブル・デバイス。なんだか、響きがいいですね。身につけるデバイス、それもメトロノームです。

2017/12/11
page top