YAMAHA MONTAGE ver3.5

ここに注目:

  • MONATAGEのシステムが3.5にバージョンアップ
  • MODXとサウンド互換でインポート可能に
  • まさにカオス!未知なサウンドを生み出すSmart Morph 機能

YAMAHAのフラグッシップ・シンセサイザーMONTAGEのシステムがver 3.5にバージョンアップされました。最近のシンセサイザーは、システムのバージョンアップが行われることで新たなプリセットや波形などが追加されるのはもちろん、今まで無かった新しい機能が追加されたりするので、そのたびに新鮮さを感じます。

Version 3.5

MONTAGE のバージョンが3.5になり、また新たな進化を遂げました。

• スマートモーフ機能を追加
• MODXファイルのインポートに対応
• パターンシーケンサーに機能を追加
• 新規パフォーマンスの追加し
• 操作性、演奏性の改善

ざっと上記の内容がパワーアップしましたが、最大のトピックスは新機能の「スマートモーフ(SmartMorf)」機能の追加でしょう。

もう一つは、MONTAGEのモビリティを重視したモデル、MODXシリーズのユーザーファイルとライブラリファイルがインポート出来るようになりました。これで、MODXで作ったサウンドや設定情報をMONTAGEで読み込んで、MODXと同じサウンドや状態で使用することが出来ます。

もちろん今回は、MODXのシステムも2.5にバージョンアップされ、MONTAGEと同様の機能も使用出来るようになりました。

スマートモーフ機能

名称に「モーフ」と付くので、これは「サウンドからサウンドに単純にモーフィングが出来るようになった。」と思ったら大間違いです。

MONTAGE(MODX)は、最大16のパートを使ってサウンドを作り上げることが出来ますが、スマートモーフはまず親となるパート1のFM-Xサウンドを選択し、その他、パート9~16にFM-X音源で作られた8つのサウンドを割り当てて、MONTAGEに分析(Analyze)させます。

もちろん、パート9~16、8つのパート全てにサウンドを指定する必要は無く、1つ以上のサウンドを割り当てれば音の変化幅は狭くなりますが、可能です。

今回新たに追加されたメニュー、パフォーマンスのSmatyMorphのエディット画面で、例としてサウンド1,サウンド9~12のプリセットを指定します。

指定した状態で画面右下にある「LEARN」を押すことで、MONTAGEはサウンドの解析と学習を始めます。解析と学習が終わると、指定した5つのサウンドが白い点となってそれぞれ配置され、キャプチャのような画面表示になります。

この画面は、サウンドの配置をカラーで表示し、FM-Xのパラメータの値の大小を色の濃淡で表現し、32x32=1,024のポジションでサウンドが配置されます。そのサウンドとサウンドの間の位置に値するサウンドは、MONTAGEが5つのサウンドを解析・学習したことで、それぞれのFM-Xのパラメーターを破綻することなく、新たなサウンドとして配置してくれています。

FMシンセをエディットしたことがある人はわかると思いますが、アルゴリズムやパラメータ数値の指定によっては、音がノイズのように破綻しかねないFM音源のパラメータを、破綻することなくアルゴリズムまで変化し、1,024ものサウンドとして配置するのは凄いことです。

もちろん、MONTAGEの特徴であるモーションシーケンスもスムーズに動作し、想像できないサウンドがたくさん配置されます。このMONTAGEの計算によって作られたサウンドを再度メモリーし直してそのまま使用してもエディットしても良いと思います。

MONTAGEの大型ディスプレイをタッチしてサウンドの変化やモーフィングをコントロール出来るのもよく考えられていると思います。

MODXとの互換

今回のバージョンアップはMONTAGEの下位モデル(機能互換なので決して下位ではない!)もバージョンが2.5にアップデートされ、このSmartMorphの機能追加だけではなく、MONTAGEとのサウンドや設定も互換性が上がってインポートも可能になりました。

このように、バージョンアップによって常に新しい機能やサウンドを提供してくれて常に進化し続けるMONTAGE、MODX、スゴイです。

デモ&レビュー映像

なかなかテキストでは伝えきれない今回のSmartMorph、是非映像でチェックして下さい!


販売情報

さらにおすすめ

Arturia Origin

アートリアといえば、往年のビンテージシンセサイザーをソフトシンセとして蘇らせたフランスの会社として有名ですね。私も彼らとはテクニカル、ビジネスの両面で彼らの会社設立当初より長い付き合いが続いております。 この度、アートリア初のハードウエアシンセサイザー”Origin”をひっさげて...

Waldorf blofeld

Waldorfと言えば1980年代にウェーブテーブル方式のシンセサイザーであるPPGWAVEをこの世に送り出し、今もなおその独特なモーフィングサウンドはPCM音源等で再現されています。 PPG以降、ウェーブテーブル方式も進化を遂げ(MicroWave, MicrowaveII...

KILOHEARTS Phase Plant

KILOHEARTS のモジュラー型シンセサイザー、Phase Plant です。Phase Plant を使ってみて思ったのは、メーカーが言うモジュラー型と言うよりも、ヴァーチャル・アナログ/デジタル方式のサウンド・ジェネレーター(オシレーター)を搭載し、エフェクトとモジュレー...

YAMAHA mx88

YAMAHAが新たに登場させたのは、88鍵のピアノ・シンセサイザー! いままで「mxシリーズ」と言えば49鍵と61鍵の「どこにでも運べるシンセサイザー」として軽量コンパクトで、YAMAHAのハイエンドシンセサイザー「motif」直系の高品位な音源、波形を搭載したシンセサイザーでし...

第2回 ROLAND GAIA SH-01 基本プログラミング編

前回はローランド “GAIA” SH-01の概要とプリセット音色の紹介をしましたが、今回の第2話では、よりGAIAの真髄を追求すべく、より深い音源のしくみについて見てみましょう。この記事とムービーでシンセサイザーの基本が理解できてしまう事をお約束しちゃいます。 基本を理解すべし...

ARTURIA V Collection 6

ARTURIA 定番のパッケージ・ソフトウェア、V Collection がバージョン6となって登場しました。今回のバージョンから新しいインストゥルメント、DX7 V , Buchla Easel V , Clavinet V , CMI V、この4つが追加さ...

もっと記事を見る

page top