YAMAHA MOTIF XF

今回紹介するプロダクツは、ヤマハの“MOTIF XF”。

ミュージック・プロダクション・シンセサイザーという名のとおり、数々の新機能、音色を搭載して素晴らしい完成度で登場したワークステーション・タイプのシンセサイザーです。MOTIFシリーズは、私自身も開発に携わった思い入れのあるシンセサイザーなのです。

まずは外見からチェック!


今までのMOTIFシリーズはシルバー系を基調としたカラーリングが特徴的でしたが、今回のXFは精悍なブラックです。いや〜このデザインに黒は、重厚感が増して素晴らしくよいですね。大画面カラーディスプレイがより一層映えます。

リアパネルはこちら


見てのとおり、前シリーズであるXSと比較するとカラーリング以外の違いは見当たりません。 ですが、内部は驚くべき進化を遂げていたのです。そのXFへ進化をXSとの比較で見てみると、次のようになります。
XS XF
波形メモリー(16bitリニア換算時) 355MB 741MB
アルペジエータ数 6,633 7,881
内蔵SD-RAM なし 128MB
フラッシュメモリー なし 最大2GBまで拡張可能

XSではDIMMでサンプル用のメモリーを拡張していましたが、機能上電源をOFFするとすべて消えてしまいました。XFではフラッシュ・メモリーの搭載により、電源を消してもサンプルデータは消えずにメモリーに残ります。

これは素晴らしい!(スロットが2つあり、それぞれ1GBまで拡張可能=合計2GB)


音色という面で見ても波形メモリーは倍以上に拡張され、XSと比較して、まさにダブル以上のバリューが詰まっているといえます。いや〜MOTIFもスゴい進化を遂げたものです。

ということで、ここでMOTIFシリーズの歴史も振り返ってみましょう。

華麗なるMOTIFシリーズ・ヒストリー
MOTIFシリーズは当初より、61鍵、76鍵、ピアノタイプ88鍵の3バージョンが(MO、MMシリーズは 61鍵、ピアノタイプ88鍵の2バージョン)や、ラックマウント・タイプもラインナップされていました。

●MOTIF(2001年)〜搭載波形メモリー容量=84MB(16bitリニア換算時)


●MOTIF ES(2003年)〜搭載波形メモリー容量=175MB(16bitリニア換算時)

●MOシリーズ(2005年)〜搭載波形メモリー容量=175MB(16bitリニア換算時)


●MMシリーズ(2007年)〜搭載波形メモリー容量=70MB(16bitリニア換算時)


●MOTIF XS(2007年)〜搭載波形メモリー容量=355MB(16bitリニア換算時)


741MBもの大容量波形メモリーに新しいサウンドが満載
XSから倍増した波形メモリーを使用した新規音色が、128音色+8ドラムキット分ユーザーバンクに追加されています。

この新規音色のクオリティーがもの凄い。(私も音色制作に携わっているので超自信作!)

まず、「Natural Grand S6」のピアノが弦の振動や木の質感までも再現され、モニターヘッドホンで聴くと、超高品位マイクをセッティングした際の凄腕エンジニアによるスタジオモニター時と錯覚する程の生々しさ。特に繊細なタッチでのダイナミクスは秀逸です。

「クラビネット」の音色群もライン、ギターアンプ接続、ビンテージ・ワウなどのバリエーションは涙モノです。

60年代の「コンボオルガン」、アダルトな「ジャズギター」も超充実。

メイプル・カスタム&オーク・カスタムのドラム・キットは他の追従を許しません。

アコーディオンは、フレンチ、イタリアン、ダッチとよりどりみどり。

もちろんオーケストラ系サウンドの要であるストリングス、ブラス、パーカッションも超豪華に揃っています。

これだけでもスゴいのに、ヤマハのサイトでは、なんとフラッシュ・メモリー用の拡張音色(音色データと波形サンプルのパック)まで無料で用意されています。もちろんこれら音色群も素晴らしい完成度です。
なんて太っ腹なんだ!

新機能、便利機能の数々

実は、XSでリクエストが多かった要望がこのXFでは大幅に取り入れられていて、ライブやレコーディングに大変重宝する新機能が搭載されています。

●TAPタブの追加
ディスプレイの右にTAPタブが追加され、アルペジエイター等のテンポを素早く設定できます。XSだとアルペジオ・タブの中に入ってカーソルをTEMPOに合わせてから変更という、面倒な作業だったので、これは超便利!

●ディスプレイのカスタマイズ
ディスプレイのカラーリング(全8色から選択可)や表示をカスタマイズできるようになった。特に便利なのは、音色名をディスプレイ下部に表示できる機能。


通常、音色名はディスプレイ上部に表示されているが、2段スタンドの下段にXFをセッティングした際に上段のシンセで音色名が見づらい時に大変重宝するだろう。

●カテゴリー・サーチの進化
カテゴリー・サーチにメインとサブを設け、目的の音色に素早くたどり着けるようになった。もちろんFavoriteでお好みの音色をあらかじめセットする事も可能だ。


●MOTIF XF Editor VST
DAWとのスマートな連携ができる優れもののエディターだ。これに慣れると本体でのエディット以上に快適なので、手放せなくなる事、間違いなし。(ヤマハサイトよりダウンロード)


・DAWとの連携
もちろん、MOTIF Xsにはスタインバーグのヤマハ専用版Cubase Aiがバンドルされているので、すぐにコンピューターとの連携による音楽制作環境が構築可能だ。もちろん、Remote機能により、XFのパネル上でCubaseの操作制御が可能だ。(DP、Logic、Sonarの制御も可能)


これらのMOTIF XFの機能を駆使したプリセット、パフォーマンスなどの音色、演奏、操作などは映像をご覧下さい。


■オフィシャルレビューHD版について

ミュージックトラックのオフィシャルレビューHD版では、映像はハイビジョン映像を記録し、音声はマルチトラックでZOOM のR16を使用してデジタルレコーディングを行い、それぞれの素材をもとに映像編集しています。

さらにおすすめ

moog minimoog

今回紹介するプロダクツは、アナログ・シンセサイザーの超定番”minimoog”です。私が初めて買ったシンセサイザーということもあり、思い入れのメッチャ強いプロダクツでございます。 minimoogはモーグ社が1971年に発売したアナログ回路による単音シンセサイザー。 minim...

Soundbrenner Pulse

今回紹介するのは楽器ではなく、ウェアラブル・デバイス。なんだか、響きがいいですね。身につけるデバイス、それもメトロノームです。

IK Multimedia UNO Synth

IRig シリーズや SampleTank などのソフトウェアで有名な IK Multimedia がハードウェアシンセを作りました!それも、リアル・アナログで作られた本格的な仕様のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー、UNO Synth です。

Oberheim Matrix 12

久しぶりにオフィシャルレビューで取り上げるビンテージ・シンセサイザーは、Oberheim Matrix12(オーバーハイム マトリクス12)です。 実は、このレビューはミュージックトラックのオフィシャルレビューの初回を飾る予定でしたが、今までお蔵入りとなっていました。 さて、オ...

Toontrack EZKeys

Toontrackといえば、高音質、高機能、操作も簡単なドラム音源、EZ DRUMMERや、その上位版のSPERIOR DRUMMERが有名なメーカーですが、ドラム以外のインストゥルメントで唯一、ピアノ音源のソフトウェアがこのEZKeysです。

YAMAHA DX-5

今回紹介するのは、デジタルシンセの元祖YAMAHA DXシリーズの中堅モデル「DX5」です。 1980年代初頭、アナログシンセ全盛時に突如登場したFM(フリキュエンシー・モジュレーション)音源という、未知のデジタル方式によるシンセサイザーとしてあまりに有名なDXシリーズ。

もっと記事を見る

page top