Oberheim OB-8

前回のMatrix12に続き、今回はMatrix12よりも前に出されたOB-8の登場です。 Matrix12は、今回のOB-8のレビューを出す前にお蔵入りはもったいないとの理由から急遽、過去の幻の第1回作品だった映像をアップしました。

今回のOB-8は、正真正銘のアナログシンセサイザーです。 OBシリーズは、OB-Xから始まり、OB-Xa、OB-8へと続き、OBシリーズの最後となります。

まずは、スペックから。

Oscilator2VCOで8ボイス、16VCO
WAVEノコギリ波、パルス波、サイン波、ノイズ
VCF1:LowPass12/24db、HighPass、BandPass、Notch
VCA1
OtherRING(リングモジュレーター)、X-MOD(クロスモジュレーション)、SYNC(オシレータシンク)、Arpeggiator、PANModulation、KeySprit、Laye

オシレーターセクション

2つのオシレータがあり、ボタンによって波形を選択するタイプです。 オシレータ2のデチューンは、コントロールセクションにあります。

マスターセクションとコントロールセクション

マスターボリューム、マスターチューンなどがあります。 このTUNEボタンは、1回押すことで8ボイス全てのオシレータ、フィルター、エンベロープをチューニングしてくれます。コントロールセクションには、凶悪なユニゾンモードとポルタメントが待機してます。

モジュレーションセクション

オシレータモジュレーションやパルスワイズモジュレーションをコントロールします。LFO波形には、S&H(サンプルアンドホールド)も。

フィルターセクション

同じOBシリーズなのですが、OB-Xだけは搭載しているフィルターチップが異なります。 OB-Xは、松武さん所有のYMOでも知られている矢野顕子さんが使ってた白いパネルのOberheim-8VoiceやOberheim-4Voice、SEMモジュールと同じ、SEMフィルターを搭載しています。

SEM / 8Voice

オーバーハイムSEMは、オーバーハイム初代のシンセサイザーモジュールで、Oberheim-8VoiceやOberheim-4Voiceは、このSEMを複数台搭載してます。 このSEMのフィルターは、オーバーハイムサウンドのキャラクターを存分に知らしめたフィルターでもありました。

OB-Xa

次に発売されたOB-Xa、OB-8からは、カーチス社製のチップに切り替わってます。 カーチス社のフィルターは、Prophet5のRev2以降や最近でもProphrt5の開発者であるDaveSmith(Instrument社)が出したEvolverやProphet08などにも搭載しているタイプのフィルターチップです。

エンベロープセクション

フィルターエンベロープとアンプエンベロープがあります。このエンベロープの切れ、立ち上がりのスピードがまたいいのです。

ベンドコントローラセクション

何やらたくさんのスイッチが密集していますが、ここでリアルタイムコントロールの設定をします。アルペジエータのコントロールもここで行います。

ボイスパンニングセクション

ここが各ボイスのPANを独立してコントロールする部分です。 本体の右サイドにあり、指でも回せるツマミをいじって細かく設定します。 アナログシンセサイザーではモノフォニックが主流だった時代にステレオアウトで、各ボイスが鳴る毎に左右に振れるサウンドは独特です。

背面インターフェース端子

意外にも様々なコントロールが可能なインターフェースが揃っています。

それでは、さまざまなサウンドを紹介した映像をご覧ください。

どこかで聴いたことがあるサウンドがあったと思います。 有名なJUMPのイントロサウンド、実際にはOB-Xaが使われていたと記憶しますが、オーバーハイムの次元の違う分厚いオシレータは健在です。

他にも、PRINSEの1999や、映画ビバリーヒルズコップのメインテーマのイントロ、Styxなど、その特徴あるサウンドは様々なアーチストのヒット曲の随所で「これ」とわかる個性的な音で聴くことができました。今はこの個性あるサウンドが少なくなりましたね。

こんな太いオシレータを持ちながら、16VCO全てが重なるユニゾンモードと、ポリフォニックのポルタメント。

オシレータやフィルターなど、それぞれがアナログの不規則な動きも個性となって最凶の音を作り出します。ポルタメントなどは、各ボイスがバラバラ(不規則に)キーを移動するときのデジタルでは味わえない音の質感、やはりこの自然なアナログのいい意味での不安定さはなかなか現代の楽器で再現することは難しいのでしょう。

さらにおすすめ

Novation UltraNOVA

さて今回紹介するのは、濃厚なブルーのボディが美しいnovationの“UltraNOVA”です。 SupaerNOVAで培った洗練されたバーチャル・アナログシンセのエンジンを大きく進化させ、ウェーブテーブルシンセシス、強力なエフェクト、ボコーダー、タッチセンス式ロータリーエンコー...

Arturia Origin #2

ARTURIA(アートリア)のOrigin(オリジン)がやっと日本市場にお目見えです。 以前のオフィシャルレビューでは、当時開発中のOriginを紹介しましたが、今回は製品として出荷されたOriginの登場です。 私自身も開発元のARTURIAとは当初より深い親交があり、長くO...

SM Pro Audio V-MACHINE

今回紹介するハードウェアは、DAWやDTMのホストアプリケーションでは一般的なプラグインフォーマットであるVST/VSTiをホストコンピューター無しで動かしてしまうというなかなかのアイデア商品です。 ハイエンドな製品としては、ラックマウント型のmuseRESEARCH社のRece...

松原正樹さんライブ 突撃機材リポート!

今回は、20010年1月15日(金)に東京の六本木にあるスイートベイジルで行われたスーパーギタリスト、松原正樹さん【4ロカンボス+トライフォース】のライブに行ってきました。 松原正樹さんと言えば、詳しい説明は不要でしょう。そのギターテク、プレイ、サウンドはもちろんのこと、一昨年は...

学研 SX-150

実は私、氏家、この学研のプロジェクトに当初より参加しておりました。 大人の科学「テルミン」号が書店で驚異的なセールスを上げていた直後に、この企画が持ち上がりました。シンセサイザーを付録にするアイディアはとても斬新ではありますが、どこまで可能なのだろうか?と思っていましたが、とうと...

YAMAHA S70 XS

今回ご紹介するこの「S70 XS」は、S90 ESの後継機種としての位置づけもありますが、音や機能の面では素晴らしい進化を遂げています。 もちろんシンセサイザーとしての心臓部はMOTIF XSそのままで、ヤマハグランドピアノ“S6”という新規ピアノ音色(100MB超の大容量!)が...

もっと記事を見る

page top