Oberheim OB-8

前回のMatrix12に続き、今回はMatrix12よりも前に出されたOB-8の登場です。 Matrix12は、今回のOB-8のレビューを出す前にお蔵入りはもったいないとの理由から急遽、過去の幻の第1回作品だった映像をアップしました。

今回のOB-8は、正真正銘のアナログシンセサイザーです。 OBシリーズは、OB-Xから始まり、OB-Xa、OB-8へと続き、OBシリーズの最後となります。

まずは、スペックから。

Oscilator2VCOで8ボイス、16VCO
WAVEノコギリ波、パルス波、サイン波、ノイズ
VCF1:LowPass12/24db、HighPass、BandPass、Notch
VCA1
OtherRING(リングモジュレーター)、X-MOD(クロスモジュレーション)、SYNC(オシレータシンク)、Arpeggiator、PANModulation、KeySprit、Laye

オシレーターセクション

2つのオシレータがあり、ボタンによって波形を選択するタイプです。 オシレータ2のデチューンは、コントロールセクションにあります。

マスターセクションとコントロールセクション

マスターボリューム、マスターチューンなどがあります。 このTUNEボタンは、1回押すことで8ボイス全てのオシレータ、フィルター、エンベロープをチューニングしてくれます。コントロールセクションには、凶悪なユニゾンモードとポルタメントが待機してます。

モジュレーションセクション

オシレータモジュレーションやパルスワイズモジュレーションをコントロールします。LFO波形には、S&H(サンプルアンドホールド)も。

フィルターセクション

同じOBシリーズなのですが、OB-Xだけは搭載しているフィルターチップが異なります。 OB-Xは、松武さん所有のYMOでも知られている矢野顕子さんが使ってた白いパネルのOberheim-8VoiceやOberheim-4Voice、SEMモジュールと同じ、SEMフィルターを搭載しています。

SEM / 8Voice

オーバーハイムSEMは、オーバーハイム初代のシンセサイザーモジュールで、Oberheim-8VoiceやOberheim-4Voiceは、このSEMを複数台搭載してます。 このSEMのフィルターは、オーバーハイムサウンドのキャラクターを存分に知らしめたフィルターでもありました。

OB-Xa

次に発売されたOB-Xa、OB-8からは、カーチス社製のチップに切り替わってます。 カーチス社のフィルターは、Prophet5のRev2以降や最近でもProphrt5の開発者であるDaveSmith(Instrument社)が出したEvolverやProphet08などにも搭載しているタイプのフィルターチップです。

エンベロープセクション

フィルターエンベロープとアンプエンベロープがあります。このエンベロープの切れ、立ち上がりのスピードがまたいいのです。

ベンドコントローラセクション

何やらたくさんのスイッチが密集していますが、ここでリアルタイムコントロールの設定をします。アルペジエータのコントロールもここで行います。

ボイスパンニングセクション

ここが各ボイスのPANを独立してコントロールする部分です。 本体の右サイドにあり、指でも回せるツマミをいじって細かく設定します。 アナログシンセサイザーではモノフォニックが主流だった時代にステレオアウトで、各ボイスが鳴る毎に左右に振れるサウンドは独特です。

背面インターフェース端子

意外にも様々なコントロールが可能なインターフェースが揃っています。

それでは、さまざまなサウンドを紹介した映像をご覧ください。

どこかで聴いたことがあるサウンドがあったと思います。 有名なJUMPのイントロサウンド、実際にはOB-Xaが使われていたと記憶しますが、オーバーハイムの次元の違う分厚いオシレータは健在です。

他にも、PRINSEの1999や、映画ビバリーヒルズコップのメインテーマのイントロ、Styxなど、その特徴あるサウンドは様々なアーチストのヒット曲の随所で「これ」とわかる個性的な音で聴くことができました。今はこの個性あるサウンドが少なくなりましたね。

こんな太いオシレータを持ちながら、16VCO全てが重なるユニゾンモードと、ポリフォニックのポルタメント。

オシレータやフィルターなど、それぞれがアナログの不規則な動きも個性となって最凶の音を作り出します。ポルタメントなどは、各ボイスがバラバラ(不規則に)キーを移動するときのデジタルでは味わえない音の質感、やはりこの自然なアナログのいい意味での不安定さはなかなか現代の楽器で再現することは難しいのでしょう。

さらにおすすめ

SEQUENTIAL PRO3 / PRO3 SE

SEQUENTIAL から 新しいモノフォニックのシンセサイザー、PRO 3/PRO 3 SE が発売されました。PRO と聞いて Prophet を知っている方なら誰でも80年代に発売されていた SCI PRO-One を思い出すと思いますが、そのPRO の名前を使ったアナログ...

Arturia MINILAB / KEYLAB

MiniLabは、ハードウェアのMIDIコントローラーキーボードとソフトウェア音源のAnalogLabがセットになった、ハイブリッド型のシンセサイザーです。MIDIコントローラーのキーボードはミニ鍵盤仕様となっており、最近流行のガジェット型のシンセサイザーと共に省スペースなデスク...

ROLAND D-50

80年代の初頭から始まったシンセサイザーのデジタル化。YAMAHAがFM音源を搭載したDX-7シリーズを発売し、そのリアルな音と表現力は大ヒットに繋がりました。 そんなデジタル音源方式が主流になりつつある時代、ROLANDは違ったアプローチのデジタルシンセサイザーを発売しました。...

pocketrak

ヤマハのハンディレコーダー“POCKETRAK CX(ポケットラック・シーエックス)”。他社とは一味違うコンセプトを盛り込んでの登場です。その他社とは違うコンセプトとは? 超軽量薄型 ・・・92gです。 軽過ぎてモックかと思いました。 省エネ eneloop(エネループ)電...

YAMAHA KX25/KX49/KX61

コンピューターミュージックにおけるMIDIマスターキーボードは、すでにクリエイターの必須ツールとなっていますが、老舗であるヤマハから満を持して登場した“KXシリーズ”その実力、操作性をチェックしてみましょう! さてKXシリーズといえば、私も以前所有していたKX88を語らずにはいら...

Steinberg CC121

こういうコントローラーを待っていました!やるぜCC121! 「CC121」は、スタインバーグとヤマハの共同開発によるCubase専用コントローラー。ソフトウエアの雄“スタインバーグ”の抜群のアイディアと、ハードウエア製造の雄“ヤマハ”がコラボすると、このような素晴らしいプロダクツ...

もっと記事を見る

page top