SINGULAR SOUND BeatBuddy

ここに注目:

  • ペダルタイプのビートボックス
  • 足元で様々なビートをコントロール
  • 拡張出来るリアルなリズムサウンド

Singular Sound から新しいタイプのリズムマシン、ビートボックスが発売されました。特徴は、ギターリストが使用するコンパクトエフェクタータイプの形状で、足元で操作することを前提に様々なリズムをコントロールすることが出来るように考えられていることです。

今までに無いコンパクトな形状

BeatBuddyの最大の特徴でもあるそのコンパクトエフェクタータイプの形状は、ある意味でギタリストが使用することに特化した形状であると言えます。

今までのコンパクトなリズムマシンは箱形で薄型、PADやボタンを備えた「リズムマシン」独特の形状が一般的でした。その今までの形状を一切リセットし、フットタイプのコンパクトエフェクタータイプに形状を割り切り、初めてこのような形で使い勝手を考えて出来上がったのがBeatBuddyでしょう。

操作性を犠牲にしない豊富な機能

リズムマシンに必要な操作性や一般的に必要な動作として、リズムのスタート、ストップ、フィルイン、パターンチェンジが考えられます。その操作を足元のペダルスイッチだけでコントロール出来るという、ライブパフォーマンスにも適した操作性が出来ることも最大の特徴でしょう。

まずは、自分の音楽性に合ったリズムのジャンル、ソングからパターンを選択してスタートするとイントロのパターン、通常のパターンが再生されます。

フィルインもフットスイッチを押すことでフィルインが挿入されますが、そのフィルインのフットボタンを押すタイミングによって、フィルインの小節の長さやフィルインのパターンも自動的にその尺に合わせて変化、再生してくれるので、ユーザーはフィルインのタイミングを意識する必要がありません。

そのタイミングやパターンの情報もディスプレイ上に表示されているので、とてもわかりやすくなっています。メトロノームも縦のラインで表示されるので、とても見やすく、良く考えられています。

再生中にフットスイッチを踏みっぱなしにすることで、リズムのバリエーションが変化したり、ダブルタップでエンディングリズムに再生が変化するなどの小技にも対応しています。

まさに、一人パフォーマンスや、ドラマーのいないベースやキーボードとのデュオなどのパフォーマンスに適したペダルタイプの新しいエフェクター、アクセサリーだと思います。

再生中のソングの一時停止や次のソングの呼び出しなど、拡張したい場合は別売りのFootswitch+を購入するか、セットになったバンドル版を購入する必要があります。

リアルなドラムサウンド

BeatBuddy に搭載されているリズムは、21ジャンルで合計200曲分のプリセットが内蔵されています。このプリセットリズムは、PCMでサンプリングされたパーツをプログラミングして出力したサウンドのリズムではなく、実際にドラマーが叩いた演奏を 24bitの高音質サウンドでサンプリングしたオーディオのリアルなリズムサウンドが再生されます。

テンポもうまくタイムストレッチされて指定したテンポで再生されるので、ユーザーはリズムの素材を意識することなく、自分の好みのリズムパターンを選択して、テンポを指定して再生するだけの操作で、まるでドラマーが叩いているようなリアルなリズムサウンドを鳴らすことが出来ます。

専用の編集ソフトを使えば、フィルインのパターン変更やソングファイルのセットアップ、ソング用の拡張ファイルがオンラインのライブラリでダウンロードや、追加購入できるので、本体に追加することも出来ます。

Beat Manager

デモ&レビュー映像

デモ映像では、MIDIコントローラーのフットスイッチMIDI Maestroを連動させて、様々な動作をコントロールするデモを行っています。

販売情報

さらにおすすめ

2009楽器フェア 製品ピックアップ!

楽器フェア、行って参りました!早速いくつかの製品をピックアップしてレポートしてきたので、ご紹介します。 まずは、今年のNAMMショーでも話題だったRhodesの復活です。デジタル全盛のこの時代に、オリジナルに忠実かつ、スタイリッシュにmk7として蘇りました。日本の代理店は、山野楽...

YAMAHA CP5

YAMAHA CP5は、ヤマハのエレクトリック・ピアノ・シリーズの集大成ともいえる新CPシリーズの中堅モデル。この新CPシリーズは、新開発のSCM音源や新CPシリーズ専用に開発されたNW-STAGE木製鍵盤(CP50はグレードハンマー鍵盤)、充実のマスター機能など現代のステージ・...

Access Virus TI2 Polar

musictrackでは、過去にもAccessのVirusシリーズをレビューしていますが、今回もVirusのレビューをお届けします。今回は、OSがVer4.0にバージョンアップし、前回のVer3.0シリーズとともにさまざまな機能追加がされています。 Virus TI2 Polar...

YAMAHA AUDIOGRAM 6

170mm×192mmのコンパクトサイズに、チャンネル1、2がモノラル入力、チャンネル3/4、5/6がステレオ入力の合計6チャンネル高性能ミキサーとUSBオーディオインターフェイスが合体したのが、このAUDIOGRAM 6です。 見ての通り、AUDIOGRAM 6の見た目は完...

第1回 X1 HOME STUDIO BUNDLE ユーザーモニターレビュー

sE Electronics社のコンデンサーマイクX1と、リフレクションフィルター(Project Studio Reflextion Filter)をバンドルし、理想の録音環境を¥31,500(税込)と、驚くような低価格に設定してバンドルした「X1 HOME STUDIO BU...

YAMAHA TENORI-ON

ヤマハ「TENORI-ON」は、その特長的な外観や、当初イギリスのみでの戦略的な販売方法など、巷の話題を席巻しました。ようやく国内販売でも商品が出回るようになり、多くのミュージシャンが様々なクリエイティブを駆使し、素晴らしい作品やライブパフォーマンスを発信しています。 何といって...

もっと記事を見る

page top