松武秀樹氏インタビュー

先日、松武秀樹氏(Logic System)のニューアルバム”TANSU MATRIX”にシンセサイザープレイヤーとして参加させていただきました。

松武邸レコーディングスタジオは閑静な住宅街にありました。

スタジオの入り口には、Prophet-10、Oberheim Matrix-12、TR-808などが無造作に壁に立てかけてあり、非日常的なその雰囲気に一瞬目眩がしました。スタジオ内は所狭しとシンセサイザー、コンピューターがセッティングされていますが、中でもEMU Modulerが鎮座しているコーナーはゴキゲンです。

今回のレコーディングでは、アナログシンセをフィーチャーした世界観がコンセプトということで、私もアートリアの”Origin”、ウォルドルフの”Blofeld”、を中心に演奏しました。他にもMOTIF-RACK XS、TENORI-ONも活躍しています。

特に今回のアルバム内のほとんどの曲のベース、リズムはこのEMU Modularでのプログラミングだそうで、ものすごい存在感のある音が鳴っていました。特にモニター(ヤマハのMSP5A)の音が素晴らしいので、何か秘訣でもとお聞きしてみたところ、この部屋専用に電線を引きこんでいるそうです。

また、当日は学研の取材もあり、7月30日に発刊される、大人の科学特別編集版「シンセサイザー・クロニクル」の付録アナログシンセサイザー”SX-150”の外部入力端子にEmu Modularのオシレーター信号を送って鳴らしてみたり、YMOで細野さんがメインでベースパートを弾いていた”アープ・オデッセイ”や松武氏秘蔵の”EMS VCS3”を紹介していただきました。

見どころは何といっても、学研シンセサイザーSX-150とEmu Modularとの連結技です。SX-150の外部入力端子は「INPUT」ではなく「EXT.SOURCE」という表現になっています。

すなわち音声信号を取り込むのでなく、簡単なFV変換回路(Fは周波数、Vは電圧)を間にはさんでいます。この回路により、SX-150の音程を外部信号でコントロールすることができるのです。

ムービーでは松武さんがEmu ModularのVCO信号をSX-150の「EXT.SOURCE」につなぎ、SX-150の音程をコントロールしています。よって鳴っている音はEmuModularの音ではなくSX-150そのものの音なのです。多彩なピッチ変調によるその音の太さにビックリです!

では、レコーディング現場突入ムービーをご覧ください。

貴重な経験をさせていただいた上に取材までさせていただき、この場を借りて松武さんにお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

さらにおすすめ

山内 ”Dr.” 隆義のドラムトラックレコーディング

ミュージックトラックでは、2010年7月15日 千葉県市川市にあるMCJスタジオにてギタリスト廣瀬昌明さんのソロプロジェクトアルバムのレコーディング模様をUSTREAMのmusictrackチャンネルを通じて生中継しました。 アーカイブ映像はこちら こちらのアーカイブ映像にて、レ...

Novation UltraNOVA

さて今回紹介するのは、濃厚なブルーのボディが美しいnovationの“UltraNOVA”です。 SupaerNOVAで培った洗練されたバーチャル・アナログシンセのエンジンを大きく進化させ、ウェーブテーブルシンセシス、強力なエフェクト、ボコーダー、タッチセンス式ロータリーエンコー...

IK Multimedia iRig Keys I/O

IK Multimediaから新しいコントローラー、iRig Keys I/O が発売されました。iRig Keys , iRig Keys Proに続き、iRig Keys I/O は、25Keyと49Keyの二種類がラインナップされています。名前からも十分...

SonicProjects OP-X PRO II

今回紹介するのは、SonicProjects(ソニック・プロジェクツ)の”OP-X PRO-II”です。 約1年半前に前バージョンの“OP-X PRO”をオフィシャルレビュー紹介しましたが、今回の“OP-X PRO-II”はまさにダブル・バリューのメジャー・バージョンアップ版です...

Soundbrenner Pulse

今回紹介するのは楽器ではなく、ウェアラブル・デバイス。なんだか、響きがいいですね。身につけるデバイス、それもメトロノームです。

ARTURIA V Collection 6

ARTURIA 定番のパッケージ・ソフトウェア、V Collection がバージョン6となって登場しました。今回のバージョンから新しいインストゥルメント、DX7 V , Buchla Easel V , Clavinet V , CMI V、この4つが追加さ...

もっと記事を見る

page top