Circle

Future Audio Workshop(フューチャー・オーディオ・ワークショップ)の「Circle(サークル)」を試してみました。

この「Circle」のコンセプト、それは“1面で音作りのすべてが、画期的インターフェイスで操作できる”です。いつもはこの手のソフトシンセをチェックする際、まずはプリセット音色からスタートするのですが、この「Circle」では、思わず音作りからスタートしたほど、そのインターフェイスは完成度が高い。久々に音作りのワクワク感を味わえました。

では早速そのインターフェイスを見てみましょう。

見ての通り、とても各モジュールが整然と並べられ、カラフルでグラフィカルです。ですが、綿密に計算されたレイアウトなのです。

左側はオシレーターのエリア

アナログ波形、ウェーブテーブル波形が最大4基レイヤー可能で他にノイズ、フィードバックがあります。特にウェーブテーブル波形が豊富で多彩な音作りが可能です。

中央はミキサー&フィルターのエリア

中央の一番上は右側でセットした各オシレーターのミキサー。その下エリアで様々なフィルターやイコライザーなどを駆使し、倍音や周波数を調整して音色を綿密に作り込むことができます。

右側は変調元エリア

エンベロープ、LFO、ステップシーケンサーなど、さまざまな変調を発生させるエリアです。

さて、ただ単にモジュールを並べただけだと芸がありません。この「Circle」という名前の由来でもあるCircle(円)が大きなキーワードなのです。よく見ると各モジュールに小さな円があるのが分かりますね。この円をマウスでドラッグし変調をかけたいモジュールに置くことでモジュールが接続され信号が流れる仕組みです。下図を見てください。

それぞれの円の色で変調元、変調先が一目瞭然です。変調の量は変調先の円をクリックすると棒グラフが現れ、そこで調整します。このインターフェイスは目から鱗ですね。とても合理的で素晴らしいアイディアといえます。新次元のモジュラーアナログシンセを操っている感覚です。

画面下のエリア

「Sounds」で、莫大なプリセット音色から、目的の音色をカテゴリーによる検索で選ぶことができます。年代別のタイプがユニークでつぼにはまっています。

「Keyboard」で仮想キーボードを出すことができます。キーボードフォローやアルペジエイターの設定もここでおこないます。

「Effects」では3系統のエフェクターをセッティング可能です。

また、MIDI Learn機能で、「Circle」上のパラメーターをあらゆるMIDIキーボードの操作子へ簡単に割り当てが可能です。数の黄色くなっている部分をクリックし、接続されたMIDI機器の操作子を動かすだけで割り当てが終了です。

さらにトピック

私、iPhoneユーザーですが、iPhone上で動くアプリケーション「Touch OSC」を使用すると、同一WiFi内で「Circle」をコントロールできます。この感覚は実に近未来的。つまみのデザインまで一緒です。

このように「Circle」は内部はコンテンポラリーなアナログシンセですが、その斬新で抜群に使いやすい次世代インターフェイスを身にまとった、ソフトシンセサイザーといえます。ぜひチェックしてみてください。

ムービーでもその抜群の操作性をご覧ください。

さらにおすすめ

Waldorf Largo

Waldorfと言えば、数々の個性的な素晴らしいシンセサイザーを世に送り出してきたドイツのシンセサイザーメーカーです。 ウェーブテーブル方式を採用したPPG WAVEシリーズやMicrowaveシリーズ、ヴァーチャルアナログとウェーブテーブル方式のハイブリッドで登場したQシリー...

UVI SYNTH ANTHOLGY 2

SYNTH ANTHOLOGY 2は、ビンテージのアナログシンセサイザーの名機から近年のデジタルシンセサイザーの名機と言われたマシンまでをも網羅した、UVIのインストゥルメントです。 SYNTH ANTHOLOGY 2は、アナログ・シンセサイザーの音をエミュレーションしたシンセサ...

TAHORNG ORIPIA 88

台湾の電子楽器メーカー TAHORNG(タホーン)から折りたたみ可能でコンパクトに収納可能なピアノ ORIPIA 88 が発売されました。コンパクトなとは言っても、横幅はフルサイズの88鍵のピアノ鍵盤と同じサイズです。

ASM HYDRASYNTH

ASM (Ashun Sound Machines) という新しいメーカーから初の商品となるハードウェア・シンセサイザーが発売されました。その名は、HYDRASYNTH 、49鍵のキーボードモデルとデスクトップモデルの2つのバージョンがあります。

Waldorf blofeld

Waldorfと言えば1980年代にウェーブテーブル方式のシンセサイザーであるPPGWAVEをこの世に送り出し、今もなおその独特なモーフィングサウンドはPCM音源等で再現されています。 PPG以降、ウェーブテーブル方式も進化を遂げ(MicroWave, MicrowaveII...

YAMAHA KX25/KX49/KX61

コンピューターミュージックにおけるMIDIマスターキーボードは、すでにクリエイターの必須ツールとなっていますが、老舗であるヤマハから満を持して登場した“KXシリーズ”その実力、操作性をチェックしてみましょう! さてKXシリーズといえば、私も以前所有していたKX88を語らずにはいら...

もっと記事を見る

page top