YAMAHA AUDIOGRAM 6

170mm×192mmのコンパクトサイズに、チャンネル1、2がモノラル入力、チャンネル3/4、5/6がステレオ入力の合計6チャンネル高性能ミキサーとUSBオーディオインターフェイスが合体したのが、このAUDIOGRAM 6です。

見ての通り、AUDIOGRAM 6の見た目は完全なるミキサー。特に1と2のチャンネルに搭載されているコンプレッサーは、特筆すべき使い易さで抜群の効きです。通常コンプレッサーの設定は多くの役割を持った複数のつまみで効き具合を合わせ込むのですが、このAUDIOGRAM 6では、たった1つのノブを回すだけでOK。ヤマハが長年培った楽器やマイクでの最適な効き方をこの1つのノブに盛り込んでいるとのことです。実際にギターを入力してみましたが、望みどおりのパキパキ系コンプがゴキゲンな具合で効きました。

また、1と2のチャンネルは定位がセンターで固定ですが、MONO/STEREOボタンを押すことでステレオ定位となり、とても便利です。

さて、パソコンとUSB接続することによって、AUDIOGRAM 6は高性能USBオーディオインターフェイスとして使用でき、電源もパソコンから供給されます。ミキサーでまとめられた音はUSBケーブルを伝わって高品位な状態でパソコンに送られます。また、パソコン内の音も、ハードディスクや音源ボードなど機械的なノイズに全く悩まされることなく、高品位な音のままUSBケーブルを伝わってAUDIOGRAM 6に送られます。このとき、右側MASTERノブの上にあるDAWノブにてパソコンから送られてくる音の音量を調節します。

使用してみて感じたのは、見た目がシンプルであるのと同様、抜群に使いやすいという点です。ミキサーとしての性能、オーディオインターフェイスとしての性能とも申し分ありません。さらに素晴らしい点はCUBASE AI4の同梱です。

ムービーでは、AUDIOGRAM 6の使い易さを中心に説明しながら、CUBASE AI4を使用してギターを録音してみました。ホント、抜群に使いやすい!!ぜひご覧ください。

Tips

さらにもっとシンプルに手軽にという方には、こちらの弟分AUDIOGRAM 3がオススメ。高性能USBオーディオインターフェイス+チャンネル1がモノラル入力、チャンネル2がステレオ入力の合計3チャンネルミキサーが合体。超コンパクトなサイズ、秀逸なデザイン、手軽さ、超コストパフォーマンスのスグレものです。
Tips2

AUDIOGRAM 6には電源ケーブルの差し込み口はなく、USBケーブルをパソコンと接続することでUSBケーブルから電源を供給していますが、なんと!市販されているUSB電源アダプターでも電源を供給可能です。私の場合、iPhoneに付属していたUSB電源アダプターを使用してみましたが、問題なくAUDIOGRAM 6が作動し、パソコンなしで超便利小型ミキサーとして活用できました。ただ、USBアダプターは定格以外の粗悪品も市場に出回っているので要注意。(尚、ヤマハではUSB電源アダプターによる不具合、故障に関してはサポート外のため保障対象外です。)

さらにおすすめ

ZOOM ZFX 導入編

皆様はじめまして。永野啓司と申します。これから4回にわたってZOOMから発売されたZFX Packageについてのレビューをお届け致します。なるべく簡潔で分かりやすい文章を目指しますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。 What’s 「ZFX Package」? まず、...

学研 SX-150

実は私、氏家、この学研のプロジェクトに当初より参加しておりました。 大人の科学「テルミン」号が書店で驚異的なセールスを上げていた直後に、この企画が持ち上がりました。シンセサイザーを付録にするアイディアはとても斬新ではありますが、どこまで可能なのだろうか?と思っていましたが、とうと...

Arturia Origin #2

ARTURIA(アートリア)のOrigin(オリジン)がやっと日本市場にお目見えです。 以前のオフィシャルレビューでは、当時開発中のOriginを紹介しましたが、今回は製品として出荷されたOriginの登場です。 私自身も開発元のARTURIAとは当初より深い親交があり、長くO...

Access Virus TI2 Polar

musictrackでは、過去にもAccessのVirusシリーズをレビューしていますが、今回もVirusのレビューをお届けします。今回は、OSがVer4.0にバージョンアップし、前回のVer3.0シリーズとともにさまざまな機能追加がされています。 Virus TI2 Polar...

2009楽器フェア 製品ピックアップ!

楽器フェア、行って参りました!早速いくつかの製品をピックアップしてレポートしてきたので、ご紹介します。 まずは、今年のNAMMショーでも話題だったRhodesの復活です。デジタル全盛のこの時代に、オリジナルに忠実かつ、スタイリッシュにmk7として蘇りました。日本の代理店は、山野楽...

Waldorf Microwave XTk

Waldorfと言えば、近年ではblofeldとともに見事に復活したドイツのシンセサイザーメーカーです。Waldorfの歴史は、第2回のオフィシャルレビューで紹介したので、今回はこちらのMicroWaveXTkの紹介を中心に、レビューします。 MicroWaveXTシリーズは、...

もっと記事を見る

page top