KORG OASYS

KORGが誇る国産最高峰のワークステーション・シンセサイザーOASYS。オープン・アーキテクチャー・シンセシス・スタジオの頭文字から取ったその名の通り、様々な音源方式やサウンドが進化し続けるシンセサイザーです。

まずは、OASYSが搭載する音源方式の説明から。音源方式は、出荷時の音源方式に加え、OSのアップグレード、オプションソフトウェアの追加をすることによって、様々な音源方式を搭載することが出来ます。

HD-1 High Definition Synthesizer
ウェーブ・シーケンス、アドバンスト・ベクター・シンセシスなどを採用したPCM音源

AL-1 Analog Synthesizer
アナログ・モデリング音源

CX-3 Tonewheel Organ
トーンホイール・オルガン・モデリング音源

これらのシンセシスに加え、OSをアップグレードすることによって、

STR-1 Plucked String
フィジカル・モデリング(物理モデル)技術をベースに最新テクノロジーを導入した打弦/撥弦系の物理モデル音源

これが標準搭載されます。

その他、オプションのエクスパンジョン・インストゥルメントを追加することにより

LAC-1 Legacy Analog Collection
コルグ独自のモデリング技術CMT(Component ModelingTechnology)を駆使した、真のモデリング・サウンドを実現したKORG Legacy Collection のMS-20、PolysixをOASYS上で再現し、さらにOASYSならではのチューンナップを行ったMS-20EX、PolysixEX として再構成した音源。

EXi MOD-7 Waveshaping VPM Synthesizer
コルグの名機Prophecy、Z1などのVPM(Variable Phase Modulation)アルゴリズムのテクノロジーをベースにした最新のVPMシンセシス音源。

EXs3 Brass & Woodwinds
高品位BrassとWoodWindのPCMサンプルとプログラム、コンビネーション。

どうでしょう?この音源方式の数々・・・現時点でKORGが実現してきた音源方式のほとんどを搭載しています。

それらを駆使した音の数々は、文章では表現しきれないほどのクオリティとプリセット数です。

これらの先進的な音源方式をコンシューマ向けに提供しているのが、M3シリーズです。M3の拡張はPCMサンプルベースになりますが、OASYSミニと言ってもいいでしょう。確かに、OASYSの機能を受け継いでいるので、違和感なくM3も使うことが出来ました。

音源方式以外に特徴があるのは、初代KARMAシンセサイザーの機能を進化させた、OASYSのKARMA機能。KARMAとは、近年のワークステーションには必ずと言っていいほど搭載されているアルペジオフレーズの機能で比較してみると、わかりやすいと思います。

一般的なアルペジオフレーズは、あらかじめ決められたパターンに従って、ノート情報や様々なイベント情報がコントロールされる「定型雛形パターン」ですが、KARMAはそれらのフレーズ、演奏データにランダム性、リアルタイム性が加わっています。KARMAエンジンがフレーズに対して与えられた情報を元に、瞬時に計算し、フレーズを生成して再生します。これらをうまく設定、コントロールすることによって、思いもしないフレーズやパターン、音色が生成されます。

このKARMAモジュールがコンビネーションモードでは4基も搭載されているのです。単純に、Drums,Bass,Guitar,Keyboardなどのバック演奏を自動的に瞬時に生成、演奏してくれるわけです。

もちろん、その演奏情報は鍵盤を押さえたキー情報やKARMAコントロールのスイッチ、スライダーなどにより、リアルタイムに生成、コントロールされるのです。

まずは、デモ演奏とOASYSの高品位な音をお聴き下さい。

デモ映像の冒頭は、KARMAによって生成されたバッキング演奏を元にデモ演奏しています。鍵盤上部の8つのPADには、あらかじめ登録したコードのノート情報が登録されています。これを駆使することでフレーズを生成することも出来ます。

これらの高品位なサウンドに加え、搭載されているエフェクター群も高品位なのです。空間系の音抜けや質感、効きの良いモジュレーション系、ダイナミック系、その他マスタリングエフェクトなど、どれもが高品質でサウンドに更なるカラーを彩ってくれます。

また、OASYSはワークステーションと言う名の通り、シーケンサーを搭載しています。MIDIシーケンサーのみにとどまらず、オーディオレコーディングも可能なシーケンサーで、制作後のミックス、マスタリング、CD作成まで、全てをこの一台でまかなうことが出来るモンスターワークステーション。これが、KORGのOASYSです。

OASYSのバーチャル・インターフェース・パネルが公開されているので、ぜひその機能や仮想オペレーションをチェックしてみてください。

さらにおすすめ

シンセフェスタ2009レポート

2009年11月28日(金)〜29日(土)に大阪WTCホールで開催されたJSPA(日本シンセサイザープログラマー協会、会長:松武秀樹)主催イベント「 シンセサイザーフェスタ2009」をレポートしましょう。私自身もJSPA副理事長を務めて綿密な準備を重ねた甲斐もあり、大勢の来場者で...

Roland Sonic Cell

まずはSonicCellのおさらい。 この図を見てお分かりの通り、SonicCellは一言で語ると「オーディオ/MIDIインターフェイス内蔵サウンドモジュール」。 また、Cakewark SONAR LEも同梱されているので、まさにPCとSonicCell、MIDIキーボードが...

2009楽器フェアギター編

皆様御機嫌麗しゅう。永野啓司でございます。 今回はパシフィコ横浜にて開催された『2009楽器フェア』に行って参りました。二年に一度の祭典という事で、見どころが満載な訳ですが、全てを紹介するスペースもございませんので、私がギタリスト目線で見て回った中で気になった商品をいくつかご紹介...

YAMAHA MODX

YAMAHAから MONTAGEの DNAを引き継ぐ FM-X 音源と 、リアルで高品位なサウンドの AWM2 音源を搭載するハイブリッド音源の MODX シリーズが発表されました。

IK Multimedia SYNTRONIK

ビンテージ・アナログ・シンセサイザー。いまだに需要はありますが、状態の良いものを見つけるのはかなり困難です。ましてや、メンテナンスや故障した場合の修理のことを考えると余程の覚悟を持たない限り、所有・維持することはできないでしょう。

ASM HYDRASYNTH

ASM (Ashun Sound Machines) という新しいメーカーから初の商品となるハードウェア・シンセサイザーが発売されました。その名は、HYDRASYNTH 、49鍵のキーボードモデルとデスクトップモデルの2つのバージョンがあります。

もっと記事を見る

page top