Steinberg CC121

こういうコントローラーを待っていました!やるぜCC121!

「CC121」は、スタインバーグとヤマハの共同開発によるCubase専用コントローラー。ソフトウエアの雄“スタインバーグ”の抜群のアイディアと、ハードウエア製造の雄“ヤマハ”がコラボすると、このような素晴らしいプロダクツが生まれるのか!と感心しました。特に、各操作子の位置や質感、安定感のある適度な重量感など、ハードウエアとしての完成度は目を見張るものがあります。

パソコンとの接続はUSBケーブルのみ。USBからのバスパワー(電源供給)による動作も可能ですが、モータードライブ・フェーダー(100mm、タッチセンシティブ)は手動となります。ここはしっかり電源アダプター(付属)を使用しましょう!

まずは、そのフェーダー回りのエリアを見てみましょう。

CubaseAI4(もちろんCC121に同梱)のフェーダー部分。ミュート、ソロやオートメションの書き込み/読み込み、“e”(チャンネル設定画面呼び出し)ボタンなど、同じボタンが並んでいますね。すなわち、Cubaseユーザーは迷うことなくすぐに慣れて使いこなすことができるでしょう。さすがにPANはつまみのほうが圧倒的に使いやすい。モータードライブ・フェーダーのしなやかな動きもゴキゲンです。

このように、CC121には1チャンネル分のフェーダー回りが制御できるのですが、下部にあるCHANNEL SELECTボタンで自在にCubase上のチャンネルを行き来できて便利です。

中央のエリアで、EQの調整ができます。

CubaseAI4のEQ画面。CC121上でそれぞれのポイントをONにすると、CubaseのEQ画面でも緑の電源マークが点灯する様は、見事にフルマッチングしたハードとソフトの融合を感じる一瞬です!マウスで一つ一つのパラメーターを設定する面倒くささから完璧に解放されます。もともとCubaseのEQはとても高性能で、ミキシングの際の強力なツールですが、CC121の操作性でさらに活躍する場が増えることでしょう。

Qエリアのすぐ下にある、トランスポート・エリアにて、スタート/ストップ、早送り、巻き戻し、録音、ポーズ、ループが設定できます。センスのいいカラフルな色遣いです。

右上部には、4つの機能を自由にアサイン可能なファンクション・ボタンがあります。

初期設定では、VALUEのつまみを押すことでクリックのオン/オフ、1から4のボタンには縦横のズームイン/アウトが割り当てられており、とても重宝します。左のCUBASE READYのインジケーターはCubaseを認識すると点灯します。Cubaseユーザーの所有感をくすぐるいい演出ですね。

さらに、右下のエリアの「AI KNOB」。実はこれがCC121の最大の売りなのです。AIとは「Advanced Integration」すなわち、一歩先ゆく先進の統合みたいな意味合いですが、まさにこのAI KNOB、タダものではありません!JOGボタンを押した状態での早送り/巻き戻し的な使い方はもちろんですが、すごいのは、マウスの位置にある設定を変更できるのです。

例えば、マウスがテンポの位置にあってAI KNOBを回すとテンポが変更できます。例えば、マウスがVSTエフェクトのリバーブタイムの位置にあれば、リバーブタイムを可変できます。

また、LOCKボタンを押すことで、ノブに割り当てたパラメーターを固定でき、マウス位置に関係なく同じパラメーターを操作可能です。これは便利!

このように、CC121には、カユイところに手が届く様々な機能が満載です。永年のCubaseユーザーにとっては、さらに便利かつスピーディで的確な操作が約束されます。初心者には、CubaseAI4も同梱されているので、触れたとたんにCubaseとの親和性の高さに感激することでしょう。とにかくどんどんCC121を触ってみてください。触れば触るほど、永年のパートナーのように、あなたのCubaseライフにおいて、なくてはならないツールとなることは間違いありません。もちろんCubaseユーザーの私は、CC121なしでは生きていけない体になってしまいました(笑)

ムービーではCC121の抜群の操作性を説明しています。ぜひご覧ください。

さらにおすすめ

ACCESS VIRUS TI SNOW

AccessVIRUSシリーズは、ヴァーチャルアナログによるモデリングのシンセサイザーとしては後発のドイツのメーカー、シンセサイザーです。 この分野で有名な他のメーカーとしては、WaldorfやCLAVIA の Nord Leadがあります。そのどれもが個性的な海外のメーカーで...

第1回 ROLAND GAIA SH-01 What's GAIA? Preset64音色紹介

今回紹介するプロダクツはローランドの“GAIA”。SH-01というモデル型番がついているとおり、ローランドのアナログ・シンセサイザーの DNAが脈々と引き継がれたSHシリーズの最新機種なのです。 ホント、素晴らしいシンセサイザーです。今回を含め、全3回のロングラン・レビューでお届...

第3回 ROLAND GAIA SH-01 応用プログラミング編

今回は、GAIAシリーズの最終回です。 1回目のGAIAの概要、2回目の音作りの基本に続いて、今回はTONEを使った、より高度な音作りとエフェクターの活用などを見ていきましょう。 3つのTONEで音作り 今回のポイントである「TONE」ですが、パネルの左サイドにあります。 ...

VISCOUNT Legend '70s

イタリアの有名なオルガンメーカーVISCOUNTからユニークで本格的なステージピアノが発売されました。(2021年4月時点、日本ではまだ販売されていません)VISCOUNTはパイプオルガンや電子オルガンを販売していますが、過去にもOberheimのブランドでOB-12というシンセ...

MT-1 EX

まさにシンプル。アナログシンセの仕組みがカンタンに理解できるインターフェイス。 以前、紹介したミュージックトラックが作ったソフトシンセ「MT-1」は、DTMビギナーにも大好評で、「なんと分かり易い」、「アナログシンセの仕組みがよくわかった」などの嬉しいご意見をたくさんいただきま...

MODARTT PIANOTEQ

メイン画面は見ての通りとてもシンプル。 1. プリセットされた様々なピアノを選択できます。2. 選択されたピアノの構造を、ボタンを押すたびにランダムに変化させることができます。3. ピアノに張ってある弦のチューニングに関するセクションです。4. 弦をたたく部分であるハンマーの固...

もっと記事を見る

page top