KORG monotron

今回紹介するのはコルグのmonotron。何と言う小ささ!でもこの小さな筐体の中に、アナログ・シンセサイザーのエッセンスが凝縮されているのです。もうホント、びっくりでございます。

まずは、パネルを見てみましょう。


このシンプルなパネル!大好きです。左から、standby(スタンバイ)、pitch mod(ピッチ・モジュレーション)、cutoff mod(カットオフ・モジュレーション)の切り替えスイッチがあり、standbyの位置で電源オフ、pitch modとcutoff modの位置で電源オンとなります。

その右横には音程をコントロールするVCO(ブイシーオー=ボルテージ・コントロールド・オシレーター=発振器)のpitch(ピッチ=音程)のつまみ。中央部分には揺れを作り出すLFO(エルエフオー=ロー・フレキュエンシー・オシレーター=低周波発振器)のrate(レイト=速さ)とint.(インテンシティ=深さ)のつまみがあります。

何とrateつまみは赤く光り、その速さに応じた点滅をします。右サイドには、音色をコントロールするVCF(ブイシーエフ=ボルテージ・コントロールド・フィルター)のcutoff(カットオフ=倍音を削ることで音色の明るさをコントロール)とpeak(ピーク=cutoff付近の周波数を持ち上げて音色にクセを付ける機能)のつまみがあります。

パネル下部には、演奏するためのリボンコントローラー(鍵盤の絵がプリントされている)があります。そうそう、もちろんパネル右上にスピーカーも搭載されていますよ~。


バックパネルには、ボリューム、ヘッドホン・ジャック、AUX入力の端子があります。ヘッドホン・ジャックは音声出力も兼ねています。

AUX入力端子に携帯型音楽プレーヤーなどを接続することにより、外部の音源をmonotronのVCFでコントロールできます。裏パネルの蓋をあけ、単4電池を2本格納することで電池駆動できます。

Monotronの実力は?

では、monotronの回路図を見てみましょう。コレです!


しっかりシンセサイザーとしての回路が構成されているのが分かりますね。この回路はまさに、往年のコルグ・シンセサイザーの名機、あのMSシリーズを元にしてシンプルに構成されたものなのです。

それになんと、VCF回路にはMS-10/20で使用されたものと全く同じ回路を使用しています!!


どうりで強烈かつ劇的な変化をするわけだ。VCFのPeakを目一杯右に回した状態で、cutoffを回してごらんなさい...その強力な爆裂フィルター変化音にぶっとびますぜ!!

MS-10


さてここで、mod(モジュレーション)とLFOとの関係について見てみましょう。


電源オン/オフを兼ねたこのセレクターですが、pitchモジュレーションとcutoffモジュレーションは以下の関係となります。

VCO(ピッチ=音程)によるモジュレーション(=変調ともいう)とVCF(フィルター=音色)によるモジュレーションの違いはなかなか言葉で説明するのは難しいのですが、ここはしっかりDVDに収録されたムービーでご確認くだされ~。

さて、演奏はリボンコントローラーで行ないますが、ここでTipsをひとつ。


このようにプリントされた鍵盤の絵のとおり、1オクターブ強の音程を演奏することができますが、VCOのpitchつまみで音程レンジを可変することができます。他の楽器とアンサンブルする場合は、正しい音程をpitchつまみで合わせると良いでしょう。

それと......通常片手でリボンコントローラー上での演奏をする場合が多いと思いますが、

なんと!!
1箇所リボンコントローラーを押した状態で、他の指で弾いた場合、演奏範囲のレンジが約3度ぐらいのレンジに変化します。

すなわち、微妙な音程のコントロールができるのです。ぜひお試しあれ!(DVD内でも紹介してまっせ~)

Monotronの兄弟的シンセガジェット達

実はmonotronの他にも様々なシンセサイザー・ガジェットがあります。いくつか紹介しましょう。

KORG DS-10はニンテンドーDS上で動くコルグMS-10とも言えるプロダクツです。ケーブルによるパッチングなど、MS-10の特長と音を見事に再現しています。


私も監修に携わった学研のSX-150は、なんと大人の科学別冊「シンセサイザー・クロニクル」の付録。
monotronと同様、シンプルな構成ながらしっかりとシンセサイザーのロジックを抑えています。


そして、この「monotron++」!!


beatnic.jp(URL:http://beatnic.jp/)の武田元彦氏による改造版monotronです!
スペックとして、本家monotronにはなかった以下の機能が追加されています。

・MIDI入力!!
・VCA回路
・Glideつまみ
・VCO波形セレクタースイッチ(Square/Saw)
・Pulse Widthつまみ
・EG/LFOスイッチ
・Outputボリューム

コルグのサイトには、武田さん意外にも多くの方々がmonotronの改造版を披露しています。必見です!(URL:http://www.korg.co.jp/Product/Dance/monotron/welove/

いかがでしたか?monotron。

こんなにリーズナブルでめちゃくちゃ楽しく遊べるシンセサイザーは他では見当たりません。ぜひmonotronの面白さを体験してみてください!

monotronめちゃくちゃ楽しんで遊んでいる私も、映像で御覧くださいませ~!



■オフィシャルレビューHD版について

ミュージックトラックのオフィシャルレビューHD版では、映像はハイビジョン映像を記録し、音声はマルチトラックでZOOM のR16を使用してデジタルレコーディングを行い、それぞれの素材をもとに映像編集しています。

さらにおすすめ

Oberheim Matrix 12

久しぶりにオフィシャルレビューで取り上げるビンテージ・シンセサイザーは、Oberheim Matrix12(オーバーハイム マトリクス12)です。 実は、このレビューはミュージックトラックのオフィシャルレビューの初回を飾る予定でしたが、今までお蔵入りとなっていました。 さて、オ...

MT-1 EX

まさにシンプル。アナログシンセの仕組みがカンタンに理解できるインターフェイス。 以前、紹介したミュージックトラックが作ったソフトシンセ「MT-1」は、DTMビギナーにも大好評で、「なんと分かり易い」、「アナログシンセの仕組みがよくわかった」などの嬉しいご意見をたくさんいただきま...

KORG opsix

KORGから新たな世代のFM音源を搭載したシンセサイザー”opsix”(オプシックス)が登場しました。FMシンセサイザー、FMシンセシスはアナログシンセサイザーなどの減算方式と違い、FM変調(Frequency Modulation)を使って倍音を作っていくタイプのシンセサイザー...

pocketrak

ヤマハのハンディレコーダー“POCKETRAK CX(ポケットラック・シーエックス)”。他社とは一味違うコンセプトを盛り込んでの登場です。その他社とは違うコンセプトとは? 超軽量薄型 ・・・92gです。 軽過ぎてモックかと思いました。 省エネ eneloop(エネループ)電...

YAMAHA MONTAGE ver3.5

YAMAHAのフラグッシップ・シンセサイザーMONTAGEのシステムがver 3.5にバージョンアップされました。最近のシンセサイザーは、システムのバージョンアップが行われることで新たなプリセットや波形などが追加されるのはもちろん、今まで無かった新しい機能が追加されたりするので、...

ROLAND JX-8P

アナログシンセサイザーがポリフォニック化されたシンセサイザーが日本の国産メーカー各社に開発され、コンシューマ向けに低価格なモデルとしてヒットしたROLANDのJUNO、αJUNOシリーズの後継として、80年代の前半にJXシリーズが登場しました。 JX-3P JX-8P 今回紹介す...

もっと記事を見る

page top