Novation Peak

ここに注目:

  • アナログ 8ボイスのポリフォニック・シンセサイザー
  • 高品質なNew Oxford Oscillators と17のウェーブテーブルを採用
  • アナログサウンドとデジタルサウンドのハイブリッドも可能
  • 本格的なデスクトップ型のアナログ・シンセサイザー
  • Bass Station II の後継、ポリフォニック版とも言えるモデル
  • 8ボイスの Oxford アナログ・オシレーターを搭載

Novation の Peak は、鍵盤を持たないデスクトップ版のモデルしかありません。デスクトップ型の音源モジュールとして、鍵盤のモデルを持たない割り切った製品となっています。


Novation PEAK

ほとんどのユーザーは、すでにデスクトップ環境にキーボードもしくは、コントローラーを導入していると思うので、音源モジュールだけの方が逆に導入しやすいかもしれません。Novation は、コントローラーの SL Mk III シリーズというMIDI コントローラーがあるので、SL Mk III でフルコントロールするという環境も提案しているのかも知れません。

いずれにせよ、鍵盤付きのキーボード型シンセサイザーよりもコンパクトに設置できて、多くのツマミでフルエディット、コントロールすることが出来ます。

オシレーターやエンベロープのレイアウトも、左から右に信号が流れるわかりやすいレイアウトになっていて、スペースを惜しまずに機能のツマミを共有させることもなく、セクション毎に独立した42個のツマミと8つのスライダーがレイアウトされている作りがとてもいいと思います。

メイン・セクション

Peak の左上の部分がパッチ(プログラム)を選択したり、各種コントロールパラメータを設定するためのメインセクションになっています。中央には OLED ディスプレイが配置されていて、このディスプレイにはパッチの情報やグローバル情報、エディットパラメータなどの情報が表示されるようになっています。


パッチ(プログラム)
256 のパッチを搭載し、ユーザーパッチも 256 メモリする事が出来ます。

MENU

OLED ディスプレイの上には、メニューボタンが配置され、各ボタンに対応したセクションのパラメーター、拡張パラメーターのページを呼び出し、ロータリーノブで直接パラメーターの数値を操作することが出来るようになっています。また、演奏中 Peak の 8つのボイスの発音状態を確認出来る 8 つのLEDが装備されています。

アルペジエーター

アルペジエーターのオン、オフ、Latch(Hold) を操作します。パターンには、コード演奏が出来るのアルペジオのパターンも用意されています。


オシレーター

Peak のオシレーターは、1ボイスにつき 3つのアナログオシレーターで構成されています。3つのオシレーターは、それぞれ同じタイプのオシレーターで、波形はWAVE ボタンで5つの波形から選択して使用します。

ピッチは、Range、Cource、Fineを使って指定します。

搭載されている波形

正弦波、三角波、ノコギリ波、矩形波、Wave Table(17種類)


モジュレーション

ピッチに掛けられるモジュレーションがツマミとして用意されています。Mod Env 2 Depth と LFO2 Depth がルーティングされていて、それぞれのツマミを回すことでそれぞれのオシレーターにモジュレーションを掛けることが出来るようになっています。

また、ピッチに対するモジュレーションのソースもすぐに選択できるよう、Manual、Mod Env1、LFO1 を選択して、Source Amount でかかり具合を指定できます。


拡張パラメータ

オシレーターに関連する詳細な拡張パラメータは、MENU の Osc より設定することが出来ます。例えば、オシレーターシンクやノイズジェネレーター、ノコギリ波の拡張 Super Saw 的な波形チューンもここで指定するようになっています。

ユニゾンやボイスデチューン、ボイスパンニングなどのボイスモードは、MENUの Voice ボタンを押すことで、ボイシングのパラメータを指定することが出来るようになっています。

このように Peakでは、パネル上にない細かいパラメーターもたくさん用意されていて、MENU ボタンでディスプレイに表示することで、それぞれのモードの詳細なパラメーターにアクセス、エディットする事が出来る仕様になっています。

エンベロープ&LFO

エンベロープ

エンベロープは ADSR 方式のスライダーで、AMP 用のエンベロープと、SELECT で切替て使用するモジュレーション用のエンベロープ 1/2 が搭載されています。

ベロシティやトリガーコントロールなどの拡張パラメーターは、エディットメニュー(ENV)に用意されています。このように、パネル上にない細かいコントロールパラメーターは、ディスプレイの上にあるエディットメニューを選択することで、細かいエディットが出来る仕様になっています。

LFO

LFOは、LFO1 / LFO2 2つのLFOが搭載されています。4種類の波形をTypeで選択して使用します。Rateもレンジを指定する事が出来るタイプで、Low,High,Syncより選ぶことが出来るので、幅広いレンジのモジュレーションを掛けることが出来ます。

Fade Time も用意され、LFO モジュレーションがかかるまり始めるまでの時間をコントロールすることが出来ます。その他、LFO メニューでは、より細かな LFO のパラメーターをコントロールすることが出来るようになっているので、幅広い音作りが出来ると思います。


グライド

グライド(ポルタメント)は、ここで指定します。

フィルター&エフェクト

FILTER セクション

ミキサーでまとめられた信号は、Overdrive (Drive Generator)を通り、アナログフィルターに送られます。この時、信号はアナログ回路を通って送られています。

また、フィルターに信号が行く手前に Overdrive が備わっていることで、音に厚みを出したり歪ませて汚したりと、フィルターを通す前のオシレーターの音に変化を与えることが出来るようになっています。

Peakのアナログフィルターは、SHAPE ボタンで、LP / BP / HP 12db / 24db を選択することが出来、Frequency でカットオフを、Resonance でピークをコントロールします。もちろん、ピッチによるフィルターカットオフのかかり具合を調整する Key Tracking も備わっています。


FILTERモジュレーション

モジュレーション系も、Env Depth , Amp EnvMod Env 1 , LFO1 Depth , Osc3 Filter Mod があります。ユニークなのは、オシレーター3の周波数で Fileter に直接モジュレーションを掛けることが出来る機能です。

モジュレーションマトリクスでソースとして使用する事も出来ますが、パラメータのツマミで直接コントロール出来るのは、かなりユニークです。

オシレータ3 のピッチを低くすれば低周波でゆっくりした変調を、高音域にすれば高周波でスピードの速い変調をフィルターに掛けることが出来ます。これは、mini moog のオシレーター3の役割と同じような働きになります。


エフェクターセクション

Peakのエフェクターは、4種類のエフェクターを装備し、アナログシンセサイザーとしては十分なエフェクターが揃っています。

  • DISTORTION(アナログ)
  • CHORUS(3つのタイプ)
  • DELAY(Sync可能)
  • REVERB(3種類のタイプ)

それぞれ、ツマミやボタンに指定のない詳細なパラメータは、エディットのディスプレイに表示されたパラメータを操作することで、細かいセッティングを操作することが出ます。

EFFECTS (Bypass)は、ボタン一発で操作できます。

バックパネル

Peakには、背面にはオーディオ出力系、制御インターフェース、パワースイッチなどが備わっています。オーディオアウトはもちろんステレオ、ちょっと変わっているのは、CV MOD IN という、外部のCV信号でモジュレーションをコントロールする端子が付いていることでしょう。CV/GATE ではなく、モジュレーションをコントロールするだけの端子というのは、珍しい発想です。

OUTPUTS (L/MOONO /R ) STEREO OUT
ステレオ出力可能なアウトプット端子。

HEADPHONES
ヘッドフォン端子

PEDAL 1 / PEDAL 2
モジュレーションマトリクスでもソースとしてルーティング可能な2つのペダル。エクスプレッションやサスティンで使用出来ます。

CV MOD IN
外部からのCV信号でPeakのモジュレーションをコントロールすることが出来ます。
想定としては、ユーロラックなどのモジュールから接続する使い方になると思います。

MIDI (IN / OUT / THRU)
MIDI機器との接続が可能な、MIDIインターフェース。

USB
PCとMIDIデータの送受信を行うタイプAのUSB端子。
オーディオ信号はやり取りできません。

デモ&レビュー映像

販売情報

さらにおすすめ

2009楽器フェア 製品ピックアップ!

楽器フェア、行って参りました!早速いくつかの製品をピックアップしてレポートしてきたので、ご紹介します。 まずは、今年のNAMMショーでも話題だったRhodesの復活です。デジタル全盛のこの時代に、オリジナルに忠実かつ、スタイリッシュにmk7として蘇りました。日本の代理店は、山野楽...

MT-1 EX

まさにシンプル。アナログシンセの仕組みがカンタンに理解できるインターフェイス。 以前、紹介したミュージックトラックが作ったソフトシンセ「MT-1」は、DTMビギナーにも大好評で、「なんと分かり易い」、「アナログシンセの仕組みがよくわかった」などの嬉しいご意見をたくさんいただきま...

IK Multimedia UNO Synth

IRig シリーズや SampleTank などのソフトウェアで有名な IK Multimedia がハードウェアシンセを作りました!それも、リアル・アナログで作られた本格的な仕様のアナログ・モノフォニック・シンセサイザー、UNO Synth です。

Access Virus TI2 Polar

musictrackでは、過去にもAccessのVirusシリーズをレビューしていますが、今回もVirusのレビューをお届けします。今回は、OSがVer4.0にバージョンアップし、前回のVer3.0シリーズとともにさまざまな機能追加がされています。 Virus TI2 Polar...

KORG prologue

最近、アナログ機器を積極的に開発、発売をしているKORGから、モノフォニックのmonologue、4ボイスのminilogueに次ぐハイエンドのアナログ・シンセサイザー、prologueが発売されました。 prologueには、8ボイス/49鍵のprologue-8と16ボイス/...

Steinberg Cubase 5

「Cubase 5」は、皆様ご存じ、スタインバーグの最先端 DAW = デジタルオーディオ ワークステーションです。 そして・・・「Cubase 4」から2年の時を経て、ついに「Cubase 5」が登場しました。とかくバージョンが上がると莫大な機能が追加され、初心者はもちろん、も...

もっと記事を見る

page top